『高丘の平屋』が竣工しました。

外観
外観

浜松市内の木造平屋住宅です。

玄関
玄関
リビング
リビング

何とか予定通り、年内に間に合いました。

これからのクリスマス、お正月と楽しいイベントを

新居で迎えられるお施主さんの笑顔を想像すると、

とても嬉しいです。

つづく

 

台風の後の配筋検査

浜松市内に建設中の住宅の離れの配筋検査を行いました。

配筋検査
配筋検査

浜松市内でも大規模停電や、倒木、自動販売機がお辞儀をしていたりと、多くの被害があった台風24号。

私の自宅もオフィスも幸いなことに停電すらありませんでした。

しかし、鉄筋屋さんが停電中であったり、現場監督は、台風被害で問い合わせが相次いだようで、配筋検査は一時延期になりましたが、先日、無事終わりました。

年度内の竣工を目指した、施主、施工者、設計者、チーム一丸となって

進めています。

組み合わせ

 

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

浜松市内に建築中の木造平屋住宅。

今回、施工をして頂いている、タクネ建築 さんが鉄板をレーザーで切り抜いて現場用の看板を製作してくれました。

工事が進むにつれて赤さびが発生しカッコよくなっていきます。

大工さんの意見、設計者の意見、お施主さんの意見を組み合わせて

現場が進んでいます。

鉄板レーザー切り抜き看板
現場看板 アレンジルートxタクネ建築

そして先日、お施主さん立会いのもと、外壁の色決めを行いました。

予定日1日目は悪天候のため、延期。2回目は快晴に恵まれ、しっかりと色の確認ができました。

お施主さんのご希望は『白』でお願いします。とのことでしたが、

白といっても沢山の白があります。小さなカラーサンプルからでは選び切れません。 そこで、今回は、私が4つに絞って、お施主さんと一緒に決めました。

外壁カラーサンプル
外壁の色決め

高校時代に通っていた、美術研究所で鉛筆デッサンを学んでいました。その時に先生によく言われた『面が変われば明るさが変わる』ということが、色きめの基本にあると思います。

光と色の組み合わせで『感じる色』は変化します。